Menu
アーカイブ

身の丈・分相応な暮らしが心地いい

先日、Twitterで大学生がアマンのアフタヌーンティーに行くことについて、「身の丈が~」とかなんとかで話題になっていました。アマン東京のアフタヌーンティー自体は7,500円程なので、身の丈も何もないと思うのですが(私も4年程前に行ったことがあります。)身の丈、分相応みたいなことは意識して暮らしています。

身の丈・分相応な暮らしを意識しているのは、できるだけ無理せずストレスを感じずに生きるためです。もちろん、若い頃は背伸びをすることも大事だと思いますが、この歳になってくると身の丈にあった生活が一番だなーと思うようになりました。

身の丈に合わないハイブランドのバッグは持ち歩くのに気を使うし、無理して買った洋服に落ちないシミがついたら落ち込んでしまいます。若い頃はそういったことも込んでも、身分不相応なものを所有する高揚感が上回っていましたが、今は分相応なものが心地いいです。

もし何かのミラクルが起きて私が投資で大儲けするようなことがあって分相応になったら、高級ブランドのバッグや洋服を買う日がまた来るかもしれませんが、まず間違いなく起きないので今後も身の丈に合ったシンプルでミニマルな暮らしを続けていくことになるでしょう。

ただ、ホテルのアフタヌーンティーに身の丈も何もないと思うので、若い子も株で損しまくっている私もどんどん行っていいと思います!普通にカフェでお茶するよりは高いですが、雰囲気の良い中でゆっくり寛げることを考えたら金額相応の価値はあると思います。

【関連記事】
Recent Entries
吉谷 ノゾミ Nozomi Yoshitani

フリーランスでWEB制作をしています(主にココナラで活動)夫とは仕事の関係で別居婚。6歳の息子と小さな家で二人暮らしをしています。
家ではミニマルに暮らし、たまの贅沢でホテルや旅館でワーケーションをする生活が理想。将来にそなえ、株式投資による資産形成も目指しているものの、基本的に含み損で資産を減らし続ける毎日…。

\ Follow Me /