Menu
アーカイブ

The Okura Tokyoでホテルステイ-宿泊記-

先月末に、リニューアルしたホテルオークラ東京こと「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」に泊まってきました。初めての息子と二人でのホテルステイで、少し不安もありましたが全く問題なく、むしろ夫と3人で行くよりもリラックスできました笑。

宿泊プラン

一休.com」の最大36時間ステイのプランで予約しました。先日のフォーシーズンズ東京大手町の時の長時間ステイプランがとても良かったので、今回も長時間ステイプランを選択。

朝7時~翌日の19時までいられるプランでしたが、電車の混み具合などを考え11時イン、17時チェックアウト。長時間たっぷり楽しめました。やっぱり長時間ステイは最高ですね!

ロビー

有名と思われるお花っぽい椅子のロビー。コロナ禍でお客さんが少ないせいか、全然座っている人がいませんでした。

客室

泊まったのは「プレステージルームのツイン」です。

48㎡あるのでゆったり。リニューアルしたばかりなので、全てがキレイでした。

行きたい日程のダブルは埋まっていたのでツイン。でも、結果的にゆっくり眠れたのでツインで良かった気がします。

折り紙が素敵ですね。

デスクのスペースもしっかりあったのが私的にとても嬉しかったです。何とも仕事がはかどりそうな素敵で落ち着くデスクです。

面白かったのがトイレの場所。最初どこにあるのか分からなかったです笑。

バスルームです。新しいのでとてもキレイでした。どうしても水回りは古いホテルだとくたびれ感がでがちなので、新しいとキレイで良いですね。

やっぱり湯舟とシャワーブースが一体になっていると嬉しいですね!外資系ホテルだと別になっている場合が多いですが、やっぱり一体型が便利ですよね。

窓からの景色はこんな感じで、ビルが立ち並んでいます。夜景はキレイだったのですが、スマホだとキレイに撮れず…

アメニティ

ミニバーです。冷蔵庫がスタイリッシュ。冷蔵庫に入っているチョコレートは無料でいただけて美味しかったです。コーヒーはやっぱりネスプレッソ。最近はどこもネスプレッソですね。

シャンプー類はMiller Harrisのものでした。バスソルトも置いてあったのが嬉しかったです。

THREEのスキンケアセットも置いてありました。

子ども用のセットも用意していただけました。可愛いです^^

プール

個人的なホテルステイの楽しみがプール。

The Okura Tokyoのプールは5レーンあり、1レーンずつ貸し切りのシステムになっていたので、安心して泳ぐことができました。ただ、小さい子どもでも異性の更衣室を使えないとのことで、プールは諦めるしかないかと思っていたのですが、男性スタッフが息子のサポートをしてくださったので無事にプールを楽しむことができました。本当にありがたかったです。

ビート板や腕につける浮き輪も貸してもらえましたよ。

朝食

ホテルステイの楽しみの一つはやっぱり朝食。いつも適当にシリアルなどを食べているので(汗)ホテルステイの時の朝食は本当に楽しみです。

コロナの影響で土日祝日しかやっていない和食の「山里」にしました。

どれも本当にとても美味しく幸せでした。

席は半個室になっていたので、安心してゆったり過ごせました。席から見えるお庭も素敵で癒されました。

朝にのんびり美味しいご飯を食べられるのって本当に幸せで最高の贅沢ですね。

フレンチトースト

そして、朝食がボリューミーだったので、お昼過ぎに有名なフレンチトースト。やっぱりオークラに来たからにはコレを食べないと!と思って前日に予約。

ふわっふわで、さらにバターとメープルシロップをかけると本当に最高でした!カロリーもすごそうなのですが、ペロリといけちゃう軽さなのが恐ろしいですね笑。

感想まとめ

最初はちょっと不安もありつつの息子と二人ステイでしたが、全く問題なく存分に楽しめ癒されました。今回も息子が寝た後に仕事をしようと思っていたのですが、ベッドが気持ち良すぎてそのまま寝てしまい、あっという間に朝でした。

私が日本人だからか、日系ホテルは何だかとても落ち着きました。息子と二人でしたが、レストランでもプールでもスタッフの方々の細やかな気遣いが感じられ安心して過ごせました。絶対にまた泊まりに行きたいです!

【関連記事】
Recent Entries
吉谷 ノゾミ Nozomi Yoshitani

フリーランスでWEB制作をしています(主にココナラで活動)夫とは仕事の関係で別居婚。6歳の息子と小さな家で二人暮らしをしています。
家ではミニマルに暮らし、たまの贅沢でホテルや旅館でワーケーションをする生活が理想。将来にそなえ、株式投資による資産形成も目指しているものの、基本的に含み損で資産を減らし続ける毎日…。

\ Follow Me /