Menu
アーカイブ

シンプルな暮らしで変わったお金の使い方「見栄消費」「コンプレックス消費」をやめた

少ないモノでシンプルに暮らしたいと思い始めて3年。一番変わったのはお金の使い方のような気がします。

以前の私は「見栄消費」や「コンプレックス消費」がとても多かったです。見栄消費やコンプレックス消費は、いくらでもお金をかけられてしまう部分だけに、お金の貯まりも遅く、かつ満たされることもありませんでした。

見栄消費

20代までの私は洋服、バッグ、靴、アクセサリーなど、自分を少しでもよくみせるために多くのお金を使っていました。恥ずかしながら人から「いいなー」「オシャレだなー」と思って欲しかったのだと思います。

特に毎日違う洋服やバッグを持つことを「オシャレ」と思いこんでいました。今になって考えると「沢山洋服を持って毎日違う服を着る=オシャレ」では全くないですし、「洋服を沢山持っている=ただの服好きorただ洋服を多く持っている人」ってだけなのですが、当時は沢山の洋服を持っていることがとても大事なことに思えました。

特にバッグはブランド物が好きだったので、沢山のお金を使ってしまいました。(モノを減らす際にほぼ売りました)もちろんただのお世辞なのですが、ブランドバッグを持っていると気づいて「いいね~」と褒めてくれる女性は多いので、そういうのが嬉しかったというのもあります。また、高級品を持つことで何となく自分の価値が少し上がるような感覚もあったと思います。(実際は全くもって何も変わらないのですが汗)

今考えると本当にそのカバンのデザインや質に30万円の価値があると思っているのか、そのブランドを誰も知らなくてもその金額を払うのかと考えると、きっと払わないだろうと思うのです。高級ブランドを作り上げてきた人たちは大変素晴らしいと思うのですが、それを買って持つだけの自分は何もすごくないし、1ミリも自分の価値は上がらないのです。

モノを減らすと、なるべくモノを増やしたくなくなるので、モノを買う時に「本当にそれが欲しいのか?」という自分の気持ちと向き合うことになります。なぜ欲しいのか?本当に必要なのか?と考えていくと、それが実は見栄だったり所有欲だったりすることに気づきました。

当時はそれでもデザインが良いから買っていると思い込んでいましたが、じゃあそのバッグが1万円で誰でも買えるようになったら買うか、といったらきっと買わなかったと思います。「バッグに30万円払える人しか持てない、誰でも持てるわけではない」というステータスがあるから買っていたのであって、それは端的に言うと「見栄」や「虚栄心」でしょう。

そういった買い物は一時的な高揚感や満足感はありましたが、私の人生を豊かにはしてくれることはありませんでした。どんなに高くてもただのバッグなのですから当たり前です。もちろん、今後も見栄ではなく本当に「このデザインや質に〇〇万円の価値がある!」と思えた時は買うこともあると思いますが、少数の本当に好きなモノだけに囲まれたシンプルな暮らしをしていきたいです。

コンプレックス消費

また、20代までの私は自分を少しでも良くみせるため美容にも多くのお金をつぎこんできました。特に化粧品は1本1万円の化粧水、2万円のクリームなど、お金をかければ肌がキレイになると思い込んで無駄な消費をしてしまっていました。

これに関してはシンプルな暮らしを始める前に、運よく(?)肌がかぶれるようになり、ごくごくシンプルなスキンケアに移行することができました。

シンプルなスキンケアに変えても全く肌が劣化するようなこともなく、結局高級スキンケアは何だったのだろう?と…

そして、毎月のようにマツエクやネイルにも通っていましたが、何だかもったいないことをしてしまったように今では思っています。芸能人などの美を仕事としている人なら分かりますが、私のような一般人の肌や睫毛や爪が少しキレイでも、私自身の価値は少しも上がらないと気づいたからです。

特に20代までの若い頃ならまだしも、30半ばになって美容に一定以上のお金をかけるのは、あまりにもコストパフォーマンスが悪いです。そして、やればやるほど「次はここが」「もっとここを」といつまでも満たされることがないです。どんどん年をとっていくのですから当たり前です。

モノを減らしてシンプルな生活を始めたことで、不思議とこういった自分の老化も自然に受け入れられるようになりました。

シンプルに生きたい

見栄やコンプレックス、しがらみなど、そういったものとは全く関係ない、本当に好きなもの、楽しいことのためにお金を使っていく、それが私が目指しているシンプルな生活です。

【関連記事】
Recent Entries
吉谷 ノゾミ Nozomi Yoshitani

フリーランスでWEB制作をしています(主にココナラで活動)夫とは仕事の関係で別居婚。6歳の息子と小さな家で二人暮らしをしています。
家ではミニマルに暮らし、たまの贅沢でホテルや旅館でワーケーションをする生活が理想。将来にそなえ、株式投資による資産形成も目指しているものの、基本的に含み損で資産を減らし続ける毎日…。

\ Follow Me /